読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

KUDAN Project『真夜中の弥次さん 喜多さん』

http://www.komaba-agora.com/line_up/2013/09/kudanproject/

  • 原作:しりあがり寿
  • 脚本・演出:天野天街
  • 美術:田岡一遠
  • 照明:小木曽千倉
  • 音響:岩野直人
  • 映像:浜嶋将裕
  • 音楽:珠水
  • 振付け:夕沈
  • 舞台監督:井村昴、他
  • 出演:小熊ヒデジ、寺十吾
  • 劇場:こまばアゴラ劇場
  • 評価:☆☆☆☆

  天野天街演出作品は、どういうわけかこれまで見たことがなかった。いつも公演がかかるたびに見たいなと思い、チェックは入れているのだけど。KUDAN Projectの前作の『美藝公』は大好きな筒井康隆の小説が原作だったし、評判もとてもよかったので必ず見に行こうと思っていたのだが、結局、見に行けず。 今回のKUDAN Project真夜中の弥次さん喜多さん』が私にとって初天野天街作品となった。 

 『真夜中の弥次さん喜多さん』はしりあがり寿の原作マンガは読んだことはないけれど、2005年に上映された宮藤官九郎の映画版は見ていて、この映画は好きだった。クドカン映画では旅股もの、ロードムービーになっていて、二人の道中は進行していったように思う。キャストがとにかく素晴らしかった。主演の長瀬智也中村七之助のコンビもよかったし、阿部サダヲ松尾スズキ荒川良々という大人計画メンバーの他、中村勘九郎研ナオコ毒蝮三太夫竹内力古田新太など驚異的に濃いメンバーが揃っていた。 

 KUDANの舞台版では、旅は進行しない。とある旅館の一室で延々、うねうねとエピソードがループし続ける。過剰に詰まった演出的仕掛けで、目まいを覚えるような甘美で幻想的無間地獄絵巻が展開する。恐るべき作品であると思ったけれど、あまり乗れなかった。ループの執拗さ、弥次さん喜多さんの二人の関係の濃厚さに、ぐったりする。見終わったときにはかなりの疲労感が残った。面白いけれど、深くて重い。 作品見る前に読んでしまったツィッターでの否定的感想に若干影響されてしまったためか、今一つ芝居の雰囲気に入り込むことができなかった。うまく見るタイミングがあえば、大絶賛し、のめり込んだ作品だと思うのだけれど。今の自分はこういう芝居をあまり求めていない。