読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

うさぎストライプと20歳の国

Don't Be a Stranger!

  • 作・演出:竜史(20歳の国)
  • 評価:☆☆☆☆

学級崩壊

  • 作・演出:大池容子(うさぎストライプ)
  • 評価:☆

-----

  • 照明:黒太剛亮(黒猿)
  • 音響:角田里枝
  • 出演:亀山浩史、水野拓、井上みなみ、斉藤マッチュ、湯口光穂、石川彰子、竜史
  • 劇場:小竹向原 アトリエ春風舎

--------

「うさぎストライプ」と「20歳の国」という二つのユニットが同じキャストを使って、各1時間の違う作品を上演するという企画。最初が20歳の国の竜史作・演出『Don't Be a Stranger!』、次にうさぎストライプの大池容子作・演出『学級崩壊』が上演された。 どちらのユニットも私は初見だった。


『Don't Be a Stranger!』は英語で「赤の他人にならないで」から、「またね;また来てね;離ればなれになっても連絡はとろう」という意味とのこと。高校を舞台とした学園青春ものだった。
 発情期に入り、恋することで頭がいっぱいの高校生たちの雰囲気がよくとらえられている優れた脚本だった。よく出来たラブコメのような感じ。小劇場っぽい屈折した気分の悪くなるようなひねりがあるのかと思えば、最後までイイ話だった。あまりに定型的な青春恋愛もので、尻の穴がむず痒くなる思いをする。内容的には私には共感出来るところがなかった。完成度がとびぬけて高い高校演劇といった趣の作品。実際、高校生がやったり、見たりすれば、大きな共感を得られるのではないだろうか。

 うさぎストライプの『学級崩壊』、こちらも学園ものかと思えば、何だかよくわからない話だった。俳優にスクワットさせながら台詞を言わせるといった変な負荷のかけかたをする。うさぎストライプについては、これまで作品は見たことがなかったのだが、作・演出の大池容子が可愛いのと、昨秋、芸劇で女性主宰者団体ばかり集めて上演させる企画で、滅多に貶さない佐々木敦がツィッターでボロボロに貶していたことで、ちょっと興味があった。 しかし『学級崩壊』、見ている方もやっている方もつらくなるような公演だった。ポップでこれみよがしに気取っているが、無内容、無感動で恐ろしくつまらない。内容もない、詩的でもない、ただ何となくスカした気分を表現するような空虚な台詞が延々と連ねられている。いったいどうしたらこんな不毛な台詞を書けるのだろうか。