読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

『 SL-白鳥の湖まで- (SL -Until Swan Lake-) 』

演劇


SL-白鳥の湖まで-/SL -Until Swan Lake- | 過去上演作品 | 一徳会/K・A・G

構成・演出:石井幸一

原案:チャイコフスキー白鳥の湖』、柳田国男『昔話と文学』

音響:武者輝
撮影:市川高穂

出演:山田裕子、菊原真結(Dainanagekijo)、春日茉衣(Theatre Company shelf)、小助川玲凪、伊藤祥子、前島謙一、鈴木正孝、文秉泰、伊藤全記

評価:☆☆☆★

会場:浜名湖ガーデンパーク 屋外ステージ 水辺の劇場

------

 鎌ヶ谷アルトギルド/一徳会という東京農大出身の主催が千葉の鎌ヶ谷市を本拠地として活動しているユニットの公演だった。作品タイトルは『SL --白鳥の湖まで--』という意味不明なもの。『SL』はたぶんSwan Lakeなのだろうが。チャイコフスキーのバレエ、『白鳥の湖』と柳田國男の『昔話と文学』が原案とある。


 水着姿のごつい体の男たちと巫女のような服装の女たち、この他黒服の指揮者、拡声器を使って語る謎の女といった奇妙な登場人物たちによるわけのわからない芝居だった。面白い部分はいくつかあった。冒頭部、『白鳥の湖』をハミングで絶叫しながら指揮するシーケンスは観客に大うけだった。私も笑った。しかし全体として微妙な感じ。「民話」について言及しているけれど、その言及の仕方が浅くて表層的。巫女女優たちの不自然な音の区切りによる朗読は、意味不明で退屈なだけだった。時折突飛で面白いアイディアが提示されることがあったけれど、全体としては小劇場的な視野の狭さを感じた。ある種のこだわり、自意識ゆえにエンターテイメントに突き抜けることが出来ないといった感じがした。