読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

『マッドマックス2』『マッドマックス 怒りのデスロード』

マッドマックス2(1981) MAD MAX 2

  • 上映時間 96分
  • 製作国 オーストラリア
  • 初公開年月 1981/12/
  • 監督: ジョージ・ミラー 
  • 製作: バイロンケネディ 
  • 脚本: テリー・ヘイズ 、ジョージ・ミラー 、ブライアン・ハナント 
  • 撮影: ディーン・セムラー 
  • 音楽: ブライアン・メイ 
  • 出演: メル・ギブソン(マックス)、ブルース・スペンス(ジャイロ・キャプテン)、ヴァーノン・ウェルズ(ウェズ)、マイケル・プレストン(パッパガロ)、ヴァージニア・ヘイ(女戦士)、エミル・ミンティ(少年)、マックス・フィップス(トーディ)、ケル・ニルソン(ヒューマンガス)
  • 評価:☆☆☆★

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015) MAD MAX: FURY ROAD

  • 上映時間 120分
  • 製作国 オーストラリア
  • 初公開年月 2015/06/20
  • 監督: ジョージ・ミラー 
  • 製作: ダグ・ミッチェル 、ジョージ・ミラー 、P・J・ヴォーテン 
  • 製作総指揮: イアイン・スミス 
  • 脚本: ジョージ・ミラー 、ブレンダン・マッカーシー 、ニコ・ラソウリス 
  • 撮影: ジョン・シール 
  • 衣装デザイン: ジェニー・ビーヴァン 
  • 編集: マーガレット・シクセル 
  • 音楽: ジャンキー・XL 
  • 出演: トム・ハーディ(マックス)、シャーリーズ・セロン(フュリオサ)、ニコラス・ホルト(ニュークス)、ヒュー・キース=バーン(イモータン・ジョー)
  • 評価:☆☆☆☆
  • 映画館:高田馬場 早稲田松竹

------------

私の周辺のシネフィルのあいだでは、この夏に公開された「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が圧倒的な支持だった。早稲田松竹で「マッドマックス2」との二本立て。私は初「マッドマックス」だった。

二本連続で見て、ひたすら破壊的で非現実的なカーチェイス・アクションが続くのだけれど、退屈はまったくしなかった。しかし映画としての感興を存分に味わったかというとそうでもない。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のほうが私は面白かった。作り込まれた映像、カーチェイスの場面の趣向の豊かさ、分厚さは圧巻。しかしこの種の近未来終末的世界を舞台とする作品群には、自分の嗜好としていまひとつ乗れない。SF的な世界がいつの頃か自分としっくり合わなくなってしまった。凄い作品だなとは思うけれど、その世界観のディテイルについていろいろ想像力を巡らせて語りたくなるという風にはならない。SF的なものを楽しむ感性が自分には乏しいのだ。