閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

容姿の時代

酒井順子幻冬舎文庫,2004年)
容姿の時代 (幻冬舎文庫)
評価:☆☆

                                        • -

このところ立て続けに酒井順子を読んでいるので飽きてしまったのかもしれないが,この本はあまり面白く感じられなかった.『容姿の時代』というタイトルではあるが,アプローチがちょっとひねりすぎで苦し紛れという感がある.