閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

2022/12/04 平原演劇祭2022第21部 #神曲2022@目黒区駒場住区センター

 

平原演劇祭2022第21部 #神曲2022

 2022年最初に開催された平原演劇祭が高野竜が20年以上前に書いた大作戯曲『神曲』の第一部の読み合わせ会だった。

otium.hateblo.jp

 今回、平原演劇祭2022第21部(!)では、『神曲』三部作の第二部「テンペルホフ」を読んだ。参加者は13、4名。登場人物が全部で30名近くいるので、全員に役が振り当てられた。開始は17時過ぎで、途中休憩をはさみ読み終えたのは19時半過ぎだった。

 主宰の高野竜が今日も意識はあったものの、ヘロヘロの状態だった。読み合わせ中もうつらうつらしている時間があったようだ。かなり長い戯曲なのでさっさと読み始めなければ、住区センターの退室時間になってしまうのでは、という懸念があったのだが、高野はぼんやりしていて進行を仕切って進められるような感じではない。なので私が強引に役の振り分けを仕切り、読見合わせを始めた。

  昨年末の崖転落による脳挫傷以来、高野竜の状態はすこぶる不安定だ。こんな状態で野外公演を含み、今年21回も公演を行っているのだから常軌を逸している。おそらく高野は自身の健康状態を思うと、今後長きにわたって自分が演劇活動を継続できるとは考えていないのだろう。だからこそ公演がこんな異常なペースで行われているのだ。

 

 平原演劇祭の主な開催告知の手段は、twitter(@heigenfes)だ。高野の調子がいいときには、note(平原演劇祭 heigenfes|note)に開催告知が掲載されることがある。今回の神曲第2部本読みはnoteに告知がなく、twitterでの告知もあまり活発にされていなかったので、いったい何人の観客/参加者が集まるのだろうかとちょっと心配していたのだが、当日は13、4名の思いのほか多くの参加者がいた。しかもみな、初見で戯曲を読んでいるにもかかわらず、「えっ!?」と驚くような読み巧者が集まっていた。

 

[撮影:ぼのぼのさん(@masato009)]

 『神曲』は20年以上前に高野が書いた戯曲ということで、近年の彼の地誌戯曲とは文体や雰囲気がかなり異なる。高野さん特有の壮大な地理感覚、時間感覚を味わうことができる伝奇的ロマンで、そのユーモラスな饒舌体の台詞には、唐十郎、あるいはフェリーニを連想させるような濃厚な詩情が感じられる。言葉のやりとりから風景が思い浮かぶ。今回は私はこの場の主役といっていい重要な役柄を充てらたので、高野の劇詩の楽しさと美しさを演者として堪能することができた。途中、合唱の場面などもあり、参加者全員で盛り上がって、戯曲の世界を楽しむことができたように思う。

 平原演劇祭には、自分が小学生のころ、学校のクラスでやっていたお楽しみ会という行事の雰囲気も連想することがある。演者/観客が対峙するのではなく、作品を通してそこに居る者たちが一時の非日常の時空を共有し、つかのまのユートピア的共同体が形成されるような。ささやかな会合・公演であるが、その時空の充実感・幸福感は独特のものだ。

 今日は終了後、参加者で集合写真を撮影した。高野さんは真ん中で好々爺のようにちょこんと座っている。確かにこの写真が伝えるような、レトロでノスタルジックな時間を楽しむことができた読む会だった。

[撮影:ぼのぼのさん(@masato009)]

togetter.com

 

2022/10/10 五百旗頭幸男監督『裸のムラ』@ポレポレ東中野

5月に石川県小松市の曳山子供歌舞伎と大衆演劇劇場、金沢おぐら座での森本商店街一座を見に行ったのだが、この両方に石川県知事の馳浩が来て、挨拶をしていた。小松の子供歌舞伎はともかく、金沢おぐら座の商店街素人演劇は内輪の公演に思えたのだが、こうした小さなイベントにまで県知事が来るのに驚いた。保守王国である石川県における保守系政治家と地域社会および地域芸能の関わりについて知っておいたほうがいいように思い、『裸のムラ』を見に行くことした。実際には思っていたのとはかなり異なった内容のドキュメンタリーだった。
 
主に三つの対象が追いかけられている。一つ目は7期にわたって知事を務めた前石川県知事の谷本正憲から現知事の馳浩の当選に至る石川県知事選の流れ。選挙にあたって支持を固めるにあたっての二人の政治家、とりわけ前谷本知事のなりふり構わない精力的な動きと振る舞いを追いかけていく。選挙におけるストレスフルな政治的駆け引きの様子が記録されている。
 
あとの二つは石川県に在住する市民を追いかけているが、この二つの対象は市民としてはかなり例外的なマイノリティである。ひとつはインドネシア人の妻と日本人夫、子供三人の敬虔なムスリムの家族。一日五回の礼拝や女性のヒジャブ着用など、生活様式と深くむすびついた日本、それも地方に居住するイスラム家族が、マイノリティゆえに向き合わなくてはならない面倒くささ、やっかいごとが映し出される。
 
もう一つの対象は、定住所を持たず車での移動生活を続ける二組のバンライファー家族である。そのうち一組は定職を辞し、貯金を食い潰しながら無職のまま、夫婦でバンライファー生活を続けるアファフィフの夫婦。もう一組は夫婦と小学生の娘、そして映画の最後のほうで女の子の子供をが生まれ、4人家族となるバンライファー世帯である。この世帯の夫は、脱サラし、フリーランスでさまざまな社の広報を担当して生計を立てている。
 
マイノリティでかなり規格外の生き方を選択した「市民」たちと選挙活動を意識した政治家の勢力的な動きは、バラバラのテーマに思えるのだが、見ているうちに、この非正規的家族の生活の背景として石川県知事の政治運動がつながっていくように思えてきた。
 
監督がこの三つの対象で浮かび上がらせようとしているテーマは、日本社会、石川の保守的社会における男性中心主義への批判であるように思えた。ところで選挙活動といえば、特に保守系議員の選挙活動では、家族の絆を強調し、内助の功たる妻の存在を強調し、選挙運動に利用することが多いように思うのだが、谷本正憲も馳浩のいずれもその選挙運動のなかで配偶者が登場していないことが意外だ(馳浩の選挙運動には娘が、無理矢理といった感じで登場させられえていたが)。馳浩の妻は、タレントの高見恭子なので、彼女が選挙運動に協力すればかなり強力のはずだが。
 
三種類の対象のいずれにも、監督の態度は共感的とはいえない。どこか突き放して、カメラを向けているような感じがある。この三者の不全ぶりをむしろカメラのまえにさらし、提示しようとしているように思えた。監督がおそらく肯定的に捉えている人物は、イスラム教一家のインドネシア人の妻だろう。明晰さと高い日本語能力、そして異邦人として生きるのに必要な強かさを持つ彼女の言葉は、日本社会のみならず、敬虔なイスラム教徒となった自分の夫に対してもどこか辛辣な批判が含まれているように感じる。
 
リベラルに見えて、実は父権主義的なバイライファーの父親に対して、特にこの父親が溺愛する娘に対する姿勢について、監督は批判的なのだが、私としては能力は高いものの、その生き方の不器用さゆえに、世間に対しても、家族に対しても、スマートに振る舞うことができないこの若い父親には同情してしまうところがあった。彼は彼なりに一所懸命に生きているし、努力もしている。妻と娘のことも大切に思っている。でも必ずしもしっくりいっていない。この父親のもがきぶりをカメラは冷徹に映し出していた。
 
石川県という場所を除いては、直接的なつながりはなさそうな三つのテーマが雑然と並んでいるかのようなとらえどころのないドキュメンタリー映画だったであり、そこで監督が伝える「男性中心主義」というメッセージも後からとってつけたようなラベルにすぎないような気がしたのだが、振り返ってみるとそのちぐはぐさのなかに、やはりなにかつながりが感じられる。上映中はどちらに向かっていくのかわからないまま見ていたが、退屈を感じることはなかった。

2022/09/18 のあんじー 移動劇『夜を旅した女』@路地裏の舞台にようこそ2022

のあんじー – 路地裏の舞台にようこそ 2022

#股旅KO演劇

 20代前半女性二人の演劇ユニット、のあんじーによる野外移動劇『夜を旅した女』は、今年私がこれまでに見た演劇公演のなかでもっとも強烈な演劇体験だった。大阪府西成区あいりん地区、昭和の時代に取り残されたようなレトロな下町をのあんじーが切り裂いていく。数十名の観客を引き連れて、異装の二人組の女子が、規格外の発想で、釜ヶ崎の風景を情念の物語の舞台に塗り替えていった。

続きを読む

2022/09/10, 24 劇団サム『楽屋』『スモーキーな放課後』@練馬区生涯学習センター

劇団サム第7回公演復活公演

『スモーキーな放課後』

  • 作:北村美玖
  • 出演:尾又光俊、小澤翔太

 『楽屋─流れ去るものはやがてなつかしき─』

  • 作:清水邦夫
  • 出演:今泉古乃美、石附優香、岩崎かのん、清水舞花
  • 演出・主宰:田代卓
  • 会場:練馬区生涯学習センター
  • 日時:2022年9月10日(土)/24日(土)

----------------------------------------------------

 

 石神井東中学校演劇部OB・OGたちによる劇団、劇団サムの第7回の「復活公演」である。清水邦夫『楽屋』をメイン演目とする第7回公演は7月29・30日に行われるはずだった。現役の石神井東中学校演劇部の公演と合わせて、7月29・30日に公演は行われたのだったが、『楽屋』の出演者に新型コロナ感染者が出てしまったため、メイン演目の『楽屋』だけがこの両日の公演では上演されなかったのだ。なお7月29日の公演についてはこのブログにレポートを残している。

otium.hateblo.jp

 この7月8月の新型コロナ第7波ではこれまで以上に感染者が多かったため、多くの公演が中止に追い込まれた。プロにせよ、アマチュアにせよ、公演のためには多大な時間と労力(そしてお金も)を投入しているはずなので、公演中止のダメージの大きさは想像するに余りある。新型コロナ禍のなかで公演のモチベーションを維持することができなくて、活動休止状態に追い込まれた団体も多いはずだ。

 劇団サムもまたこの二年間、新型コロナに翻弄された。2021年1月に行われる予定だった第6回公演は上演日直前に緊急事態宣言が発令され上演中止となり、映像配信だけになった。21年4月にはその代替公演として少人数キャストの特別公演が行われた。

otium.hateblo.jp

 先月末の公演は久々の本公演のはずだったのだけれど、メイン演目の『楽屋』のキャストに新型コロナ感染者が出たため、この演目だけ上演されなかった。一ヶ月ちょっとで幻となった公演が復活できたのは何よりだった。あまり長い期間が空くと、公演準備に必要なモチベーションの回復が難しかったかもしれない。復活公演は9/10(土)と9/24(土)の二日間行われた。公演日の間隔があいてしまったのは、会場が確保出来なかったからのようだ。9/10(土)だけを見るつもりだったが、客席にめがねを置き忘れてしまい、そのめがねの受け取りも兼ねて、9/24(土)の公演も見ることにした。私の体調の問題もあったかもしれないが、二回目の公演のほうが両演目とも出来がよかったように思う。二回見てよかった。

 最初に上演されたのは北村美玖作『スモーキーな放課後』だった。7/29に劇団サムが上演したコント『ひがいしゃのかい』と同じ作者の作品だ。上演時間は30分ほど。登場人物は高校生の男の子が二人。めがねをかけたクールな雰囲気の男の子はは喫煙がばれてしまったため、放課後居残りを命じられ、反省文を書かされている。もう一人の男の子は、甘えん坊の話し方でおどおどした感じだ。彼がなぜ放課後居残りしているのかはよくわからない。二人は最初は互いの名前も知らず、面識がなかったようなのだが、なぜか片方の男の子がもう片方の男の子にいきなり愛の告白をする場面からはじまる。唐突なはじまりかたとかみ合わない二人の会話から、最初のうちは別役実風の不条理コントかなと思った。しかしおどおどした男の子は高校生活になじめない不登校学生だったことが明らかになる。退学・転校を考え、放課後の学校にやってきたときに、偶然、喫煙で放課後居残りを命じられためがねの男の子と同じ教室で待機することになったのだ。そしてこの不登校の男の子は、以前からひそかにめがねの男の子のことが好きだったらしい。放課後居残りの時間のぎごちない会話を経て、二人は仲良くなっていく。切なく、繊細な男の子同士の恋を描いた好編だった。展開は不自然なところがあるが、めがね高校生のクールな態度と不登校高校生のおどおどした人のよさげな雰囲気の対比がうまく表現できていた。10日の上演では台詞が飛んだところがあり芝居のリズムが乱れたが、24日の公演はきっちり修正され、台詞のタイミングとリズムがよくなっていた。

 清水邦夫の『楽屋』は、日本のバックステージものの傑作であり、上演される機会が非常に多い作品だが、中学演劇部を母胎とするアマチュア演劇の劇団であり、俳優の年齢層も20代半ばまでに固まっている劇団サムが『楽屋』をとりあげるというのはかなり思い切った挑戦に私には思えた。『楽屋』はいわゆる学校劇的な作品ではない。『楽屋』が上演演目として選ばれたのには、登場人物が4名だからというのもあったらしい。新型コロナ流行のせいで、大人数が集まる芝居では感染のリスクが大きいため、7月の上演演目も含め、今回は少人数キャストの作品が選択されている。

 これまで劇団サムで上演される作品は、中学・高校演劇で上演されてきた作品がが多く、そうした「学校演劇」を学校劇活動でないところで敢えて上演し続けているところに劇団サムの特長がある。主宰の田代卓がもともと石神井東中学校演劇部の顧問だったこともあり、劇団サムは延長・拡大された「中学」演劇の雰囲気があったのだ。もちろん卒業後も演劇を続けていきたいというOBOGが集っているわけだし、公演が重ねられるにつれ、メンバーの成長とともに、芝居の精度は上がり、演技は洗練されたものにはなってきていたが。これまで上演してきた「学校劇」的作品とはテイストが異なる『楽屋』の上演ということで、劇団サムの女優4名がどのようにこの作品に挑戦していくのか楽しみにしていた。

 まず本編の芝居が始まるまえに幕前の前説で二人の俳優が、劇中で何回も言及され、部分的に上演されるチェーホフ『かもめ』の内容の説明を行った。俳優たちのみならず、劇団サムの観客もこうした種の芝居に慣れていないので、親しみやすく、明るい雰囲気でこうした前説を導入に入れる工夫は効果的だったはずだ。いきなり『楽屋』が始まってしまうと、多くの観客は芝居に入っていくのに戸惑いがあったかもしれない。幕が開くと、下手に化粧机が一台、その横に大鏡(ただし鏡の本体は入っていなくて、木製の外枠のみ)、上手側に化粧机二台が、舞台前方に横一列に並んでいた。舞台奥は下手側の一段高くなったところに衣装掛け、中央部にはソファと小机があり、小机の上には可愛らしいかもめのぬいぐるみが置いてあった。

 舞台上手の二台の化粧台では、上手側から和装で額に大きなあざがある女優と血の付いた包帯を首に巻いている女優がずっとメイクをしている。実際の舞台では主要な役を演じることがなかったこの二人の女優は、死後は亡霊となってこの楽屋にあらわれ、メイクをしながら、この楽屋で出演に備える『かもめ』のニーナを演じる女優を毒づき、呪っている。

 どちらかというと『楽屋』は演技力に覚えのある新劇女優が演じるというイメージがある。劇団サムの俳優4名の芝居には、丁寧に戯曲を読み込み、それぞれが自分の役柄のキャラクターをどう表現するのか考え抜かれた様子をうかがうことができた。

 まずニーナの役柄を舞台で演じることになった女優Cを演じた岩崎かのんの芝居に冒頭から引き込まれる。思わず「おおっ、やるじゃん」と心のなかで声が出た。岩崎はふわっとした手の動きと柔軟な身体の表現が優雅で美しい。台詞の発声も明瞭でよく通った。主要な役柄を演じる女優の高慢な性格の悪さの表現の巧みさにも感心した。

 亡霊女優の今泉古乃美と石附優花も、実際には二人ともまだ若いのにもかかわらず、ベテラン女優っぽい風格が感じられた。生前には端役かプロンプターだった二人の女優の屈折ぶりや演技力が問われる劇中劇での『かもめ』、『三人姉妹』『マクベス』、『斬られの仙太』など有名な劇の引用場面の見せ場もきっちり作られていた。

 入院先の精神病院から枕を抱いて登場し、ニーナ役の交代を迫る女優Dを演じた清水舞花は、女優本人が持っている雰囲気と役柄がマッチしていた。可愛らしい天然系だけど、しっかり病んでいる。

 すべての登場人物が女優という職に魅了されつつ、その業の深さゆえに歪んでしまっている。戯曲が伝える内容を丁寧に読み取り、忠実に再現しようとしていた舞台だった。女優たちの怨念がこもる楽屋が、ある種の地獄であることが、最後の場面で示されていた。

 『楽屋』も9/10(土)、24(土)の二回を見たが、二回目のほうが出来がよかったように思った。この完成度まで芝居を作るのは大変だっただろうし、上演中は緊張もしていただろうが、演じることの喜びと充実も彼女たちから感じ取ることができたように思った。『楽屋』は暗い話なのでもしかすると劇団サムの観客にはしんどい人もいたかもしれないが。次の公演は2月とのこと。新型コロナの状況次第ではあるが、今度は大人数キャストの芝居を久々にやりたいと聞いた。

 今回『楽屋』に出演した4人の俳優はみな見覚えがある。劇団サムの公演には7年前の第1回公演から私は通っているので、何人かの印象深い俳優たちは頭に残っているのだ。私の娘は劇団サムには参加していないが、石神井東中学校演劇部部員だったので、その頃から見ている劇団員も何人かいるはずだ。私は石神井東中学校演劇部の公演で中学演劇の魅力を知ったのだけれど、あの子供たちが激動の思春期後期を経て、七年後に『楽屋』を堂々と演じる「大人」になっていること、その変化・成長を舞台で確認できたことに感動(とはちょっと違うかもしれないけれど)を覚えた。「おおおおぉ」と心の中でうなってしまうような衝動というか。劇団サムを継続的に見るということは、こうした喜びも味合わせてくれる体験でもあるのである。

 

 

 

 

 

 

小倉博行さん追悼

25年ぐらい前の小倉さん。大学院の研究室で。

 『ラテン語のしくみ』(白水社、2014年)、『ギリシア語とラテン語を同時に学ぶ』(白水社、2015年)などの著者で、早稲田大学、獨協大学などでラテン語やフランス語の教鞭を執っておられた小倉博行さんが2022年8月30日に亡くなりました。55歳の若さでの逝去でした。9/4の朝に早稲田大学文学学術院の先生からのメールで、早稲田の学内ポータルサイトに小倉さんの訃報が載っていることを知りました。

 小倉さんとは私の大学院修士時代から30年以上の付き合いでした。年齢は私より一歳上ですが、私が浪人したり、留年したりしていたため、私が修士課程に進んだときは、小倉さんは博士後期課程の院生だったはずです。小倉さんはラテン語学・フランス語学が専門でしたが、指導教員は私と同じ中世ラテン・フランス文学が専門の鷲田哲夫先生でした。大学院修了後は、私も小倉さんも早稲田大学で非常勤講師として授業を持ち、教育学部の一年フランスのクラスでは10年以上にわたってペアで授業を担当していていました。

 ペアで同じクラスの授業をリレー形式で担当していたので週に一度は授業の進行状況を伝えるためメールで連絡を取っていたし、文学部・文化構想学部での授業日・時間は重なっていたので、戸山キャンパスの教員ロビーで授業の合間にいつも雑談していました。

 小倉さんはおだやかで優しい先輩でした。おしゃれでした。料理も上手でした。小倉さんのInstagramアカウントでは、小倉さんが作った料理の写真が日本語・英語・フランス語の三言語の解説付きで掲載されています。私は一度小倉さんの家に行き、小倉さんの手料理をごちそうになったことがありますが、見た目も味もプロ顔負けの素晴らしい料理でした。私のラテン語の先生でもあり、ラテン語を読んでいてわからないところがあれば、小倉さんに聞いていました。いつも丁寧な返事をくれました。学生への対応や授業でも、そういった温厚で親切な態度は変わらなかったようです。

 小倉さんの死は突然でした。8月24日に文学部・文化構想学部でラテン語・ギリシア語など古典語関係の科目をとりしきっている先生から「小倉さんが体調を崩して、今年度後期の授業をキャンセルすることになったと連絡があったのだけれど、なにか聞いている?」と問い合わせがありました。もしそうならば教育学部で小倉さんとペアで授業を行っている私にも連絡がありそうなものですが、何の連絡も受け取っていませんでした。8月の終わりの時点で後期授業を全部キャンセルするとなるとただごとではないなと思い、私は小倉さんに連絡を取ることにしました。いつもはFBのメッセンジャーで連絡を取り合っているのですが、夏休み中は小倉さんがFBのメッセンジャーをチェックしている気配はなかったので、メールを出しました。長期にわたる休暇ということで、私はもしかするとひどい鬱病なのかもしれない、そうであれば返事が来ないかもしれないな、と思っていました。

 翌8月25日の午前8時過ぎ、私のiPhoneが鳴りました。私は目覚ましにiPhoneを使っているのですが、この日は目覚ましを設定せず朝寝をするつもりでいました。しばらく呼び出し音を聞いた後、iPhoneを取ってみたら、目覚ましではなく、FBのメッセンジャーの音声通話の呼び出しでした。最初は眠たくて無造作に切ってしまったのですが、iPhoneの画面を見ると小倉さんからの通話であることがわかり、とび起きてかけ直しました。二回かけ直したところで小倉さんとつながりました。小倉さんは病院からの通話でした。その声からも衰弱していることは感じ取ることができました。7月の中旬、前期の授業が終わるころに急に身体の調子がおかしくなり、歩くこともままならぬようになった。何とか前期の成績付けを終えて、病院に行くとすぐに入院ということになり、8月のはじめから入院しているという話しでした。

 「何の病気で入院しているんですか?」と聞くと、「肝機能障害だよ」という返事でした。病気についてはそれ以上突っ込んで聞くのがはばかられました。起き上がることもできないし、話しをするのも一仕事という感じ。新型コロナ流行のため、家族のかたも面会が難しいという話しをしてくれました。小倉さんはもしかするともっと話したかったのかもしれないなという気もしました。しかし思っていた以上に重篤な状態に思え、長話しするのもつらいのではないかと思い、10分ほどで電話を切りました。

 小倉さんの訃報に接したとき、私はなぜか小倉さんと電話で話したのが一ヶ月以上前のように錯覚していました。ご逝去されたのが8/30ですので、私はその5日前に小倉さんと話しをしたことなります。亡くなる前に小倉さんと話しができてよかったと今は思っています。もしかすると小倉さんとしては弱り切った身体に残った力をふりしぼって、朝方、私に電話してくれたのかもしれません。小倉さんからの電話の最初のコールは寝ぼけていて取れなかったけれど、そのあと起きて、すぐにかけ直して本当によかったと思いました。

 小倉さんとは30年以上にわたって継続的な付き合いがありました。濃厚な付き合い方をしていたわけではありませんが、これほど長い期間、良好な関係を築くことのできた人は私にはごく数人しかいません。小倉さんは穏やかで親切なお兄さんでした。人付き合いについては内気で不器用なところがあり、そんなところにも私は好感を持っていました。早稲田大学戸山キャンパスの教員ロビーでは、この20年くらいは毎週小倉さんと顔を合わせ、雑談をしていました。ここ10年くらいは私が4限の授業で小倉さんが5限の授業だったので、私が授業を終えて教員ロビーに戻ると、小倉さんは教員ロビーのソファにいつもいて、私に気づくと手をあげて「お、片山君」と声をかけてくれたものです。

 小倉さんが亡くなってしまい、悲しいし、寂しいですが、それだけでは言い表せない複雑な思いが渦巻いています。激しい感情ではありませんが、ずーんと心が沈み込むような。今後も私は戸山キャンパスの教員ロビーに入るたびに小倉さんのことを思わずにはいられないでしょう。

2022/08/08『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』@新宿ピカデリー

アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台 | UN TRIOMPH | reallylikefilms

 1985年にスウェーデンで実際にあったできごとに基づく映画作品。舞台はフランスに移し替えられている。家族関係のうえでも、演劇人としても成功しているとはいえない中年の俳優・演出家が刑務所に演劇の指導にやってくる。演劇活動は囚人たちにとっての息抜きであり、矯正プログラムでもある。彼の指導のもと最初に刑務所内で上演されたのは、ラ・フォンテーヌの『寓話』だった。この上演の体験をきっかけに囚人たちも演劇の喜びと可能性を知る。囚人たちにとても演出家にとっても、演劇は閉塞的な状況から自分たちを解放してくれるものだった。

 演出家は囚人たちに『ゴドーを待ちながら』を刑務所の外にある劇場で上演させようとした。苦労のすえ実現した最初の劇場公演は大成功を収め、囚人たちの一座による『ゴドー』はフランス国内のいくつもの劇場から招聘を受けるようになった。そしてフランスの現代演劇の舞台の殿堂ともいえるパリのオデオン座での上演の日がやってきた。

 ヨーロッパの国々では、この映画のモデルとなったスウェーデンでの事件が起こった1980年代にはすでに、ある種の社会矯正プログラムとして囚人たちによる演劇活動が行われていたようだ。私は2018年のアヴィニョン演劇祭で、オリヴィエ・ピィとエンゾ・ヴェルデが共同で演出した囚人たちによる演劇『アンティゴネ』を見た。ただ私はこの上演が囚人たちによるものだとは知らずにこの公演を見たのだった。上演時間が50分と刈り込まれているし、出演俳優はむくつけき男ばかりだし(女性役も男性囚人が演じていた)、俳優は始終大声でがなり立てるような調子で台詞を言う荒々しい舞台で、舞台公演の出来としては特に優れたものであるとは思わなかった。フェスティバル・ディレクターのピィの演出作品だけに、余計期待外れの感があった。しかし上演後は尋常ではない大喝采で、観客はスタンディング・オベーション、俳優たちもやたら興奮して咆哮している。いったいこれはどうしたことか?と思って、後で調べてみると、それが囚人演劇であることがわかったのだ。なるほど、あの俳優たちが収監中の囚人たちだとわかって見れば、私もその成果に大きな感動を覚え、熱烈な拍手を送っていたかもしれない。

 劇場での初演の大成功をクライマックスに敢えて持ってこない脚本の作りは巧い。また演劇に内在する教育力というか、俳優として他者を引き受け、それを観客という他者と共有する過程がもたらす魔力は、しっかりと描かれていた。初演の段階を結末にしておけば、この物語は感動的で陳腐な美談になってしまっていただろう。それが崩れていく過程を描いた後半部があるのがいい。

 後半は初演の成功後の彼らの姿が描かれる。もともとは一回だけの劇場公演のはずだった。それが思いも寄らぬ評判を得て、囚人たちによる『ゴドー』はフランス国内をツアーすることになる。ただ一回だけの公演を目標に高められた集中力、緊張感、チームワークは、その後の公演では維持することは極めて困難だ。彼らは職業的な俳優ではないのだから。公演のたびに人々に賞賛される喜びを味わいつつも、この一座が崩壊に向かっていくことは宿命だったのだ。

 苦いラストではあり、すっきりしたハッピーエンドではなかったが、それでも私にはきれいにまとめすぎているような気が私にはした。娯楽作品としての落とし所は必要ではあるのだけれど、人間というのはそうそう思い通りになるものではない。もとになったスウェーデンでも初演前に囚人俳優は逃げ出してしまったという。私が演出家の立場なら、そこで他者と信頼関係を築き、コントロールできるようになっていたと思っていた自分の傲慢と愚かさを深く恥じただろう。私は教員として学生たちにものを教える人間だが、学生たちとうまく関係を築けている、お互いに相互理解ができているはずだといい気になっていると、実は全然そんなことはなくて、足をすくわれるような思いをすることはしょっちゅうある。

 前半部で囚人たちが『ゴドーを待ちながら』を、演出家の思惑通り、自分たちの物語として受け入れ、咀嚼し、表現としていくというのも、都合のいいファンタジーではないかという気がしてしまう。そういったことは絶対にないとは言えないが、奇跡のようなものではないか。こう考えると私がアヴィニョン演劇祭で見たオリヴィエ・ピィとエンゾ・ヴェルデ演出の囚人演劇『アンティゴネ』は、あのクオリティまで持って行き、アヴィニョンでの上演にこぎつけたという点で、まさに奇跡的な舞台であったのかもしれない。

 

2022/08/23 平原演劇祭2022第16部 #奇祭ツアー「どじょう施餓鬼」@杉戸町 永福寺

eifukuji.net

 平原演劇祭の番外編、奇祭ツアー第二弾、埼玉県東部の杉戸町永福寺の「どじょう施餓鬼*1(せがき)」を見に行った。奇祭ツアーは「風変わりな祭をみんなで見学しに行こう!」というもの。永福寺の施餓鬼は600年前から行われている歴史あるものだが、読経だけでなく、どじょう放生*2(ほうじょう)が行われることに特徴がある。「奇祭」というほどではないけれど、「なぜどじょうを流す?」とは思う。餓鬼どもの食料としてどじょうを流すのかと思ったのだけれど、寺のウェブページの説明によよると「どじょうが龍に似ているところから龍にたとえられ、どじょうの背中に乗ってご先祖様が極楽浄土へ旅立つために、どじょうを池に放しています。」とのこと。この説明もいまひとつ説得力を欠くような気がするが。

 平原演劇祭主宰の高野竜さんはこの奇祭ツアーもかなり力を入れて宣伝していたのだけれど、「どじょう施餓鬼」ツアーに参加したのは私だけだった。どじょう放生供養が行われるのは8/22(月)、23(火)の9時から12時と告知があった。私たちが言ったのは二日目の23日。午前9時にJR宇都宮線の久喜駅まで高野さんに車で迎えに来て貰った。15分ほどで永福寺につく。

 寺周辺には数十台が駐車可能の駐車スペースがあって、「大施餓鬼」の看板も道路沿いにいくつか立っている。しかし私たちが到着したときにはあまり寺の境内にも、ドジョウ放生が行われる因幡池がある公園にも人はあまりいなかった。どじょう配布小屋に人はいたが、どじょうを流す人はいない。

 

 この日はかなり暑い日で、寝不足と暑さで永福寺に到着した時点ですでにかなりバテていた。しばらくぼんやりと因幡池のある公園にいたが、お祭りらしい賑わいはなく、蒸し暑さのなか、どんよりよどんだ静けさだけがある。公園に太鼓を設置しに来ていた人がいたので、「何時から太鼓の演奏があるんですか?」と聞くと、11時からだと言う。どじょう放生は9時から12時となっているけれど、人が集まるのはたぶん11時頃からではないかと思い、ひとまず車に戻り、近くのコンビニでしばらくのあいだ涼んだ。

 11時前に永福寺に戻ると人が増えていて、これからお祭りがはじまりそうな雰囲気があった。因幡池のある公園では太鼓の前に男女のお坊さんがスタンバイしていて、永福寺住職らしい人がユーモアを交えたなれた調子で法話を始めていた。

 二人の女性の坊さん(?)がいて、いずれも若くて美しいひとだったのだが、その女性が「最近、ヨガをはじめてそこでの呼吸法が」どうのこうのと話していると、永福寺境内のほうから仏教楽器(シンバルみたいなものやホラ貝など)を演奏しつつ僧侶の一団が行列をなして因幡池にやってきた。彼らが池の周囲で読経を始めてからが、どじょう放生タイムの本番らしい。読経中にどじょうを放つと御利益が大きい、というようなことを住職が言ったので、私もどじょう配布小屋で300円払ってどじょうを放生することにした。

 どじょうを何匹か小さなざるにすくってもらい、それを樋に流すと、そうめん流しのようにどじょうがするすると因幡池に落ちていく。この因幡池は人工池で、このどじょう放生の前に水が入ると高野さんが言っていた。高野さんが数日前に下見にきたときは、池には水がなかったそうだ。利根川が近くを流れているが、池は川とはつながっていない。高野さんの話によると、仕入れたどじょうは中国からの外来種なので川に流すことはせず、因幡池に滑り落ちたとじょうたちは、施餓鬼終了後にそのまま放置されて死んでいくのではないかということだった。私は後で施餓鬼どじょうを食べるのかと思ったが、そういうこともしないようだ。

 11時半前に男性一名、女性二名による太鼓演奏が20分ほどあった。住職のボーカルとホラ貝もこの太鼓にときどき加わる。この太鼓をたたく僧衣の女性がとても美しい。中央で太鼓をたたいていた男性も含め、「お坊さん」と住職は呼んでいたが、僧侶の雰囲気は皆無だった。だいたい仏教、密教と太鼓演奏は関係がないだろう。

 高野さんは、太鼓サークルみたいなのはたくさんあって盛んなので、おそらく太鼓を叩いていたのは寺の人ではなくて、近隣の太鼓サークルの人ではないかと言っていた。太鼓演奏のあとは御利益があるというありがたいイラスト付きのカードが配布された。

 どじょう施餓鬼は実質40分ほどで終了。施餓鬼自体は二日間にわたって延々とおこなわれていて、どじょう放生はそのプログラムの一つらしい。どじょう施餓鬼終了後は、昼飯を純手打ちそば 一茶に食べに行った。そばはお腹が膨れないので、普段は外食で蕎麦を積極的に選ぶことはないのだけれど、この店はこの付近では一押しの店だと言う。

 「天ぷらもいいんですよ」と高野さんが言うので、私は天ぷら冷そばを。高野さんは大もりそばを。太くて無骨な蕎麦の見た目からして素晴らしい店だった。蕎麦の味のよしあしなど私はわからないのだけれど、ここの蕎麦は大いに気に入った。天ぷらもガツンとくるボリュームで、かつ非常に美味しかった。ここはまた食べに来たい蕎麦屋だ。

 昼食を取ったあとは予定がなかったのだが、高野さんが「せっかくここまで来たのだから、ついでにちょっと観光しますか?」と言う。しかし観光と言っても埼玉東部のこのあたり、平原演劇祭で上演される地誌演劇の主要な舞台とはいえ、何が見所なのかわからない。高野さんに進められるまま、車で20分ほどのところにある関宿城博物館に行くことにした。関宿城は利根川と江戸川の枝分かれ地点にあり、その城跡に立てられた博物館では利根川の歴史についての展示があると言う。平原演劇祭の埋没演劇などで江戸から明治にかけて利根川の治水事業についてはなんとなく知っていた。このあたりの川や地理についての知識と関心は、私の場合、もっぱら平原演劇祭経由のものだ。利根川の本流がかつては東京湾に流れていたのを、大規模な治水事業によって茨城から太平洋に流れる川筋にしたということも、平原演劇祭の地誌演劇の上演で知ったのだった。

 

otium.hateblo.jp

 関宿城博物館にある売店にはそこでしか購入できない地域史についての地方出版物が並んでいて、その記述は高野さんの地誌演劇の重要な資料となったそうだ。地理や川については実のところそれほど関心があるわけでもなく、知識も乏しいのだけれど、夕方まで時間があるし、高野地理演劇にインスピレーションを与えた場所というところを見ておいてもいいだろう、と思い、関宿城博物館に行くことにした。

 博物館は城っぽいつくりになっていて、なかの展示も非常に充実したものだった。関宿の小中学生の社会科の課外授業ではかならずこの博物館を訪ねるに違いない。

 博物館に併設している売店では、名物のせんべい(どちらかというとキッコーマン城下町野田市の名物らしい。関宿は市町村合併で野田市に飲み込まれてしまったのだ)のほか、地元の野菜類が大量に売られていて、しかも値段が安かった。

 私は関宿城出世カレーを購入。このあたりのミルクが使用されたまろやかなカレーとのこと。譜代大名である関宿藩からは出世したひとが多かったのでこの名前のカレーになったという。ただ製造しているのは九州の業者だった。580円とレトルトカレーとしてはかなり高額ではあったが、このカレー、食べてみるとかなり美味しいカレーだった。

*1:餓鬼道におちて飢餓に苦しむ亡者(餓鬼)に飲食物を施す意で、無縁の亡者のために催す読経や供養。真宗以外で広く行なわれる。本来、時節を限らない。七月一日より一五日にわたって行なわれるものは盂蘭盆の施餓鬼。施餓鬼祭
(小学館『精選版 日本国語大辞典』(iOS、物書堂版)

*2:捕らえた生物を放してやること。ほうせい。

2022/08/21 平原演劇祭2022第15部 「#豊年歌」@目黒区烏森住区センター和室

 

 一ヶ月前に「カレー市民」が上演された目黒区住区センターで、また平原演劇祭の公演があった。今回は調理室ではなく、調理室の隣にある和室が会場だった。

otium.hateblo.jp

 

 出演は平原演劇祭の常連女優、夏水、角智恵子、青木祥子プラス高野竜の4名。観客は6名だった。高野が自分の演劇スタイルのモデルのひとつとしているらしい韓国の伝統芸能をモチーフとした作品らしいことは高野のツィートが伝えていた。「1960年代に中国朝鮮族自治区で上演された男寺党風新作パンソリの復元上演」。

 高野が中国朝鮮族自治区に旅行したときに購入した台本を高野自身が翻訳した。平原演劇祭女優三名はその日本語訳台本を、朝鮮の伝統芸能であるパンソリのスタイルに則って上演するという企画だ。朝鮮語台本の翻訳にもかなり苦労していたようだが、それを演じる女優たちも大変だったみたいだ。

 常連俳優である夏水、角智恵子、青木祥子は、平原演劇祭というイレギュラーな形態の演劇に慣れているはずだが、この三人でさえ本番前日の稽古で最後まで通すことができなかったらしい。それで急遽、本番当日の午前中にも稽古を行ったと高野がツィートしていた。

 今回の上演はレクチャー演劇だった。まず最初に高野によるかなりボリュームのある朝鮮文化についてのレクチャーがあった。40分ぐらいの長さはあったような気がする。まずは1989年に出版された『B級グルメが見た韓国』の記述に基づき、韓国の大衆食文化についての話しがあった。

 

 ソウル五輪(1988)直後の1989年に書かれた本で、若干韓国大衆文化への蔑視が感じられる言い回しがなかったわけではないが、韓国で敢えて日式(日本式)食堂に入り、韓国食文化のなかで変容した和食を通して、日韓の食文化の違いを考察するという発想はとても興味深いものだった。端的に言うと韓国の食は基本、ぐちゃぐちゃといろいろな素材を混ぜて、複雑な味のハーモニーを楽しむという傾向があるという話しだった。この本の著者は韓文化の違いの部分を強調していたが、現在の私の感覚から言うと日韓文化にはもちろん違いはあるけれど、西欧文化に比べると似ているところもかなり多い。この30年間のあいだに韓国社会が急速に変化し、その文化が洗練されてきたことや、日本においても韓国文化が30年前よりはるかに親しみやすいものになっていること、政治的反目はあるものの、日韓文化の相互交流が進展していることも、『B級グルメが見た韓国』で日韓文化の違いが強調されているのが気になった理由だろう。このブログを書きながら、1980年代の後半、自分が高校生だったころ、関川夏央の『ソウルの練習問題』やその他の韓国ものエッセイを熱心に読んでいたことを思い出した。関川の韓国ものエッセイでもやはり日韓の感性・文化の違いが強調されていたような気がする。いずれにせよ『B級グルメが見た韓国』の食への視点、アプローチは非常に興味深いものだったので、帰宅後、私はこの本をamazonで注文した(古書が安い値段ででていた)。

 

 高野のレクチャーは『B級グルメが見た韓国』に書かれた食文化の違いの話から、パンソリの上演史、上演方法、高野が中国東北部の朝鮮人地区を旅行したときの体験、そして韓国の伝統的辻芸能の特徴、仮面劇に見られる日韓の演劇観の違いなどに発展していった。いきなりパンソリの日本語版・高野版を上演するのではなく、まずパンソリについての基礎知識、そしてその背景にある考え方を伝えることが重要だと考えたのだろう。高野の韓国芸能についての見識は相当なものだとは思うのだが、用心しなくてはならない。もっともらしい語りのなかに巧妙な「嘘」が混じっているのが平原演劇祭なのだ。これまで何度、騙されたことか。実際、このレクチャーのあとに上演された日本語訳「#豊年歌」と「足仮面」は、高野が語る朝鮮芸能文化そのものが実はフェイクではないと疑いたくなるような奔放さだったこともあり、余計、高野のレクチャーの内容に用心したくなる。

 レクチャーのあと高野訳「#豊年歌」の上演がはじまった。原作は1960年代に書かれたパンソリの台本である。パンソリは通常打楽器奏者と語り(歌い)手の二人で上演されるらしいが、このパンソリは三人の老人の対話劇となっている。。高野が打楽器を担当した。演者は夏水、角智恵子、青木祥子の三人であったが、最初に登場したのは角だった。

 角はいかにももっともらしい調子で台詞を朗々と歌い上げる。台詞は日本語だが、何となくパンソリっぽく感じられる。「豊年歌」というタイトルの伝統芸能ということで、豊作を願う歌なのかなと思って聞いていたのだが、日本語の台詞にもかかわらず内容がさっぱり頭に入って来ない。

 この角の堂々たる朗唱に青木と夏水が漫才風にからむ。全編日本語のやりとりなんだけれど、何を言っているのがやはりわからない。角の台詞が歌っぽくなると、二人は踊り出したりする。しかしこのいかにもうさんくさい偽物パンソリの馬鹿馬鹿しさがおかしくてたまらない。その一部の映像は以下で見ることができる。

 


www.youtube.com

 上演時間は25分ほどだったと思う。本物のパンソリ芸人が見ると激怒するか、さもなければ爆笑するかだろう。パンソリ本家の芸についてのリスペクトがないわけではないが、パンソリについての理解も稽古もまったく不足した状態で、とにかく短時間で超圧縮してやってしまうという無理矢理感が実によかった。最後は三名がブリッジしたあと、それぞれが別の出口から退場して「豊年歌」は終わった。

 「#豊年歌」のあとは、「足仮面」という短いテキストの上演が続いた。これも高野の訳による日本語上演だ。こちらは三人の俳優は稽古していなかったらしい。これはパンソリの一種なのかどうかよくわからない。足のうらに顔を描いて、それを人形に見立てて演じるという出し物だ。

 「どなたか足の裏で演じたい人いますか? あと打楽器、誰かやりませんか? 足の裏に顔を描く人いませんか?」と六名しかいない観客に高野が呼びかける。足の裏仮面劇なんてどんなものなのか想像しがたいのに、「はい、やります」とその場で手を上げる観客などいるわけがない。結局、夏水が足の裏を提供することになった。打楽器のほうは、プロの音楽家であるさかいさんが担当することに。足の裏の絵は、私と女性の観客の方が描いた。若い女性の足の裏に筆で絵を描くというのはかなりエロチックな感じがして、ちょっとどきどきした。

 さかいさんの即興演奏とかたりに合わせて、足の裏演劇がはじまった。これもまた、先ほどの偽パンソリ以上のくだらなさで実に面白い。日本語の語りは、「豊年歌」同様、何を言っているのかよくわからない。次第に観客も乗ってきて、手拍子が入ったり、合いの手が入ったり。本当にこんな芸能が存在するのが信じがたい気もしたが、この偽「足仮面」劇を、観客も演者と一体となって楽しんだ。足仮面の上演時間は15分ほどだったと思う。

 こんなインチキ民俗芸能の公演がこんなに面白いものだとは。中世フランスの世俗演劇で、居酒屋に集まった常連たちが、酔っ払って寝込んでしまった巡礼僧が持ってきた聖遺物を使って、インチキ・ミサをやる場面があるのを連想した。またこんな感じでオリジナルの文化のあり方に敬意を払いつつ、中世のラテン語典礼劇の日本語版を平原演劇祭風に上演できるかなとも。

 最初の前説での高野が話した、韓国で韓国風に変容した和食、「日式」料理の逆バージョンを、平原演劇祭「#豊年歌」「足仮面」ではやっているとも言える。異国の文化に好奇心と敬意を抱きつつも、本物を知らぬまま、自己流で無理矢理やってしまい、結果的に奇妙なフージョンができてしまう。
 平原演劇祭ならではの実に自由で愉快な公演だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/08/19 劇団カッパ座『ピンクとバルン』@劇場ぷらっと

www.kappa-za.co.jp

 劇団カッパ座は1968年に設立された着ぐるみ人形劇の劇団だ。1983年から89年までNHK教育で放映された『おーい!はに丸』など、教育番組への出演も多い。劇団カッパ座は宗教法人PL教団を母胎とする劇団であり、劇団本拠地の劇場ぷらっとはPL教団の聖地の敷地内にある。教団のシンボルともいえる大平和祈念塔が劇場のすぐそばそびえ立っている。

 宗教法人が母胎の劇団ではあるが上演作品には宗教色はほぼ皆無だ。作品の前説で、劇団カッパ座のスローガン(?)ともいえる「三つの合い言葉」が確認され、それを歌うという定式的やりとりがあるが、それは「やくそくまもろう」、「なかよくしよう」、「あいさつしよう」というごくありふれた市民道徳であり、宗教的なものではない。

 等身大着ぐるみ人形劇専門の劇団はおそらくカッパ座だけだろう。着ぐるみの目と口は動くようになっていて、これはカッパ座の着ぐるみ独自の機構のようだ。2020年2月までは全国各地で巡回公演を行っていたが、2020年2月以降「弊社劇場をフル活動し地元に根差す劇団を目指して奮闘中」とのこと。新型コロナが日本で広がった時期に一致するが、この時期にはすでに全国巡業というスタイルを維持することは難しくなっていたのかもしれない。ちなみに2020年12月にはPL教団三代目教祖の御木貴日止が急死し、その後、後継者はまだ決まっていないようだ。清原、桑田、立浪などを輩出した高校野球の名門、PL学園野球部は2016年に廃部になっている。母胎となるPL教団の弱体化が進んでいるので、劇団カッパ座の運営も相当苦しいものになっているはずだ。新型コロナ禍はさらに追い打ちをかけるものとなったに違いない。

 『ピンクとバルン』は8月と9月に13回の公演が予定されている。上演時間は前説、後説も含め60分ほどだった。私が見たのは8月19日の13時半開演の回で、観客は12人、このうち子供が4人だった。

 入場料は前売りが1500円、当日が2000円で、三歳児以上が有料となる。子供料金は設定されていない。上演中の写真撮影および録画は自由に行ってよいとのこと。公演終了後には舞台で、等身大着ぐるみ人形と写真を撮影することができる。

 作品のメイン・ターゲットは三歳児から小学校低学年くらいだと思う。等身大ぬいぐるみの造形や動きは愛嬌たっぷりで可愛らしく、物語の展開もわかりやすい。最初にカッパ座のメイン・キャラクターのカッパとオオカミと豚の等身大着ぐるみによる前説があり、本編は電気屋のせつさん、ロボットのピンクとバルン(『スターウォーズ』のC-3POとR2-D2のイメージをかぶせている)、山の持ち主、猫と猫の飼い主の犬の6名により展開する。

 内容は、とある山のなかに持ち込まれた粗大ゴミの山から、せつさんが部品を取り出してロボット、ピンクを組み立てる。ピンクは今度は残った粗大ゴミからもう一台のロボット、バルンを組み立てる。以後、せつさんがこの山中に立ち寄るたびに、二台のロボットが粗大ゴミから色々なものを再生していき、最後にはゴミはなくなっていた、というリサイクル推奨演劇である。「もったいない、もったいない」というモラル(教訓)が劇中で繰り返される。

 NHKの幼児向け番組で放映されていそうな健全で可愛らしい教育劇だった。たわいない内容だが、等身大着ぐるみ俳優の演技は、きっちり決まっていて完成度が高い。着ぐるみ俳優が話すのではなく、PAからの音声に合わせて俳優が動いていた。ロボットや動物だけでなく、人間役も等身大着ぐるみ人形だったのにはぎょっとした。頭でっかちの人形造形や仕草がユーモラスで面白かったが。子供が主人公ではなく、大人のおっさんとロボット、動物たちのやりとりの芝居となっていたのは、子供向きの演劇としては少々異色に思えた。

 12人の観客のうち、この演目の観客としては場違いな大人はわれわれ二人を含めて3名。他は家族連れが三組だったが、いずれも常連客のような雰囲気だった。4人の子供たちは幼児と小学校低学年だったが、芝居の内容によく反応していて、楽しんで見ている様子がうかがえた。ほんわかした親密な雰囲気の公演ではあったが、やはりガラガラの客席で見る芝居はやはりわびしい気分になる。たくさんの子供たちの前で上演したい劇場スタッフの心情を思うと心が痛む。

 公演終了後は舞台で等身大人形との撮影タイム。希望者全員が無料で写真撮影可能ということで、私も撮って貰った。

 前売り券を購入した観客には、終演後にミニ縁日で、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくいとしゃてきで遊ぶことができる無料券が配られていた。ただおそらく舞台出演者が、カフェテラスとミニ縁日のスタッフを兼ねているため、舞台終演後、しばらく待つ必要があった。私は同行者にも無料券をもらい、スーパーボールすくいを二度やったが、これが案外難しく、一個もスーパーボールを取ることができなかった。失敗しても一個ぐらいくれるのかと思えば、くれなかった。カッパ座の人形をデザインした陶芸家が作った土鈴がお土産で売っていたので二個購入する。

 公演終了後は、高さ180メートルの白亜の塔、平和祈念塔へ。かつては上層階まで上ることができたそうだが、今は二階までしか上ることができない。正式名称は超宗派万国戦争犠牲者慰霊 大平和祈念塔とのこと。

 間近から見上げるとその威容は圧巻である。その造形はシュールレアリスムの絵画のなかに描かれたオブジェあるいはガウディの彫刻を思わせる。この塔には信者でなくても入ることができる。受付で宗教宗派に関わらず戦没者を慰霊するための塔だという説明を受け、塔のなかで教団の教師のかたに導かれて二階の神殿に参拝する。

 PL教団の前身である教団は大正期に生まれた新宗教の一つだが、天理教、大本教のような教派神道ではなく、既存の宗教に依らない独自の教義を持つ宗教であることをWikipediaの記述で知った。神殿に祀られているのはおそらく「“大元霊(みおやおおかみ)”」であるが、これは教団ウェブページによると「自然法則を司る万象の根源」となるものらしい。教理などを解説する書物の類いが教団本部で売られている様子がないのが以外だった。ちなみに信者の義務は会費を納めることであり、月会費は一般が1000円、学生は300円とのこと。

 かつては公称260万人以上の信者をPL教団は有していたが、今では公称90万人、実際に活動している信者は数万人ではないかと言われている。

PL教団 野球部廃部、信者の実数は数万人程度に減少か|NEWSポストセブン

 PL教団のなかでの劇団カッパ座の現在の位置付けはどのようなものなのだろうか? また教団の拡大期には劇団カッパ座にはどのような役割が期待されていたのだろうか? 演劇は信者共同体の結束の強化や布教の面で非常に有効な手段だと思うのだが、案外、近・現代の宗教では演劇は活用されていないように思えるし、宗教と演劇の関係についての研究も多くない。

2022/08/07 平原演劇祭2022第14部「#沙汰踏切」

note.com

平原演劇祭2022第14部 #沙汰踏切 ゲリラ公演

  • 日時:2022/8/7 10:30-14:30

  • 出演:青木祥子、小林敬劇団小林組)、中沢寒天、高野竜

  • 演目:田宮虎彦「落人」「足摺岬」ほか

  • 場所:東武スカイツリーライン姫宮駅付近、宮代町郷土資料館旧加藤家住宅

  • 投げ銭+クラウドファウンディング

---------------------

 7/19の平原演劇祭2022第13部「#カレー市民」で昏倒して以来、主宰の高野竜の体調がなかなか快復に向かわず、今日の公演はあるのかないのか数日前までわからなかった。体力、脳力ともにひどく衰弱している様子だったので中止になるのではないかと思っていたのだが、ギリギリで快復したらしい。今日、ゲリラ的に(つまり事前許可なしに)公演を行うことはかなり前から度々twitterで告知は出ていたもののの、公演会場として予定していた場所が使えなくなっていたりしたようで、前日に集合場所や上演時間が変更になった。先月の高野竜の状態を思うと、今日、公演をやれたのは奇跡みたいに思える。

 今日の公演は三部構成になっていた。第一部は10時半に東武スカイツリーライン姫宮駅に集合し、その近所の某所でとある演目をゲリラ公演。第二部は行軍演劇で第一部の会場から第三部会場の宮代町郷土資料館旧加藤家住宅まで、田圃のあぜ道を歩きながらの「落人」の朗読、第三部は平原演劇祭のホームグラウンドの一つといっていい宮代町郷土資料館旧加藤家住宅での「足摺岬」の朗読である。宮代町郷土資料館旧加藤家住宅での「足摺岬」は宮代町のコミュニティペーパーでも告知が出ていたようだ。

 

 午前10時半に姫宮駅に集まった観客は5名ほどだった。第一部の公演会場に向かう前に、高野竜から「今回の公演は事前に許可を取っていないゲリラ公演なので、クレームが入る可能性があります。観客はなるべく観客らしくなくしてください。廃れていた芸能の復活の調査にきたとか、何となくこころへんに散歩しにやってきたみたいな感じでいてください」というような内容の注意が入る。

 駅から公演会場までぞろぞろ歩く。終わってしまったので会場の名前を出してしまっても問題ないだろうか? 第一部の公演会場は駅から10分ほど歩いたところにある姫宮神社だった。桓武天皇の孫の宮目姫がこの場所にやってきて、紅葉の美しさに見とれて、突然死したという伝承があるとのこと。しかし今回の公演演目はこのエピソードとは何の関わりもないものだった。

 姫宮神社の境内の奥、本殿の隣に芝生の広場がある。そこが公演会場となっていて、出演者の青木祥子と小林敬がスタンバイしていた。小林敬は平原演劇祭に初参加だ。終演後に話しを聞くと、小林は鎌倉で演劇活動を行う俳優で、2021年3月の「#埋設演劇」で俳優たちが地面に埋まっている写真を見て、平原演劇祭に参加したいと思ったそうだ。「ぼのぼのさんの撮った公演写真を見て、自分も埋設されたい、水没したいと思って」と小林は言っていた。

  第一部公演は11時に始まった。演目は伏せられていたが書いてしまっていいのだろうか? 不条理コントで知られる劇作家の死体と踏切が出てくる話だ。最初は若い女性(青木)が足の部分が飛び出たバラバラ死体が入っているらしい風呂敷包みを重そうに引きずって出てくる。先に進もうとすると踏切で遮られる。そこに結婚式帰りのサラリーマン風の男がやってきて、やはり踏切で足止め。女性が引きずっているのは彼女の愛人の死体であり、しかもそれは男の知己であったことが判明する。

 姫宮神社は東武線の線路の踏切のそばにある。姫宮駅周辺はがらんとした田舎町だが、そのわりには東武スカイツリーラインにはやたらと電車が走っている。踏切がかなりひっきりなしに鳴るのだ。ただ神社は木で囲まれていて踏切は見えない。当初は別の踏切のすぐそばの場所でやる予定だったみたいだ。ただ境内の芝生と木々の緑と俳優の白い服装のコントラストが視覚的に美しかったし、神社での無理矢理奉納芝居みたいなやり方は、作品の不条理感とよくマッチしていたように思う。高野竜は公演場所の選定だけを行い、演出は二人の俳優たちのアイディアによるもののようだ。上演場所は特殊であるが、別○○の芝居の上演としてはとてもオーソドックスなスタイルの公演を見ることができた。上演時間は40分ほどだった。

 第二部の「落人」(田宮虎彦作)の朗読は行軍演劇だった。これは高野竜の一人語りだ。正午に公演がはじまった。姫宮神社を起点に田圃のあぜ道を歩きながら、「落人」の朗読を行う。

 「落人」の朗読を聞くのは私はこれが二回目となる。ときは幕末、佐幕派の藩、黒菅藩の滅亡を描くシリーズの一つなのだが、薩長軍への降伏に強硬に反対し、黒菅藩を滅亡させた主犯といっていい山崎剛太郎の逃亡を描く話しだ。高野は40分ぐらいで読み終えることができる長さの作品だが、行軍しながら読んでいないので、もしかするともう少し時間がかかるかもしれないと言っていた。

 天候は最初は薄曇りだったが、歩いているうちに段々日差しがきつくなってきた。気音があがってきて、日陰がほとんどない、しかもじめじめと蒸し暑いあぜ道を歩くのはかなり大変だった。高野の歩みがゆっくりなので助かった。読み手が夏水だったら早足で歩いて、体力のないおっさん観客は振り落とされそうになったことだろう。田圃のあぜ道は、「落人」で描かれる山崎剛太郎の逃亡生活の厳しさを肉体的に連想させるところはあるけれど、「落人」の季節は極寒の冬なのに対して、こちらの季節は真夏だ。どっちもきついことには変わりはないが。姫宮神社から第三部の会場の宮代町郷土資料館旧加藤家住宅までは普通に歩くと800メートルほどであることを先ほどGoogleマップで知ったが、田圃のあぜ道で遠回りしたため、約一時間かけて到着。高野も私も暑さでかなりバテバテになっていた。

 第三部開演予告時間は13時だったが、行軍演劇が予定以上に時間を取ってしまったので、10分押しで始まった。第三部は田宮虎彦の現代物で、田宮の代表作とされる「足摺岬」の朗読だ。朗読するのは平原演劇祭に久々の登場となる中沢寒天だ。

 

 築200年以上という旧家当家住宅の縁側にちょこんと座る寒天は小学生の男の子のようで実に可愛らしい。観客は縁側の前に設置されたパイプ椅子に座る。日よけ付きなのがありがたい。年の若い中沢にとって「足摺岬」はかなりとっつきにくいテキストだと思うが、明瞭で安定した読みっぷりだった。ただ私は寝不足とその前の行軍演劇でバテていて、けっこうもうろうとした状態で聞いていた。朗読時間は一時間弱だったように思う。「足摺岬」の最後のほうで、旅先で病に倒れた主人公の世話をした遍路が黒菅藩の生き残りであったことが明らかになったところで、はっと目が覚める。高野がこの数年取り組んできた田宮虎彦の偽歴史小説である黒菅藩ものと暗い青春時代を描く自伝的貧学生シリーズが「足摺岬」で結びつくのだ。かつては人気作家だった田宮虎彦の読者や研究者は少なくないだろうが、高野竜のようなスタイルで、すなわち朗読公演を通じ身体的・空間的に田宮虎彦の文学世界に向き合ってきた人間はいないだろう。私には田宮虎彦の面白さは実はまだよくわかっていない。高野竜が田宮虎彦作品の通読を通して何を読み取り、何を目指していたのかについても。