読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

人形劇団ココン『繭の夢』

http://www.coconworld.jp/sakuhin-mayunoyume.htm

  • 作・演出・美術:山田俊彦
  • 出演:山田俊彦、阪東亜矢子(JIJO)
  • 音楽:八幡浩暢(oo39.com)
  • 照明:木田敬貴
  • 劇場:仙川 せんがわ劇場
  • 評価:☆☆☆☆☆

--------------------------

期待していたよりはるかに独創的で面白い舞台だった!二人の操者による糸あやつり人形芝居。繭男が見る夢の世界という枠組みで、5つのエピソードが展開する。

◆ 王国    ・・・・・廃墟に置かれた2つの古い箱。箱の蓋がギギギギと開き、昔のキオクがカタチになって動き始める。
◆  ?      ・・・・・特別ゲストが登場。操る人形はウサギのミミーちゃん。

◆ ズボンの逃走 ・・・・・目の前を駆けていくズボンがどうやら私のズボンなので、追いかけて捕まえるのです。 パンツ、はいてます。
◆ トリオダンス  ・・・・・鳥の鳥夫のパフォーマンス。被り物と手遣い人形で。

◆ ジュ・トゥ・ヴ ・・・・・作曲家エリック・サティがピアノを弾くと・・・。

 

この五つのエピソードで使われている技術、趣向、そして作品の雰囲気はすべて異なったものだった。

暗闇にボンヤリ浮かび上がるシュールでユーモラスな夢幻の世界に引き込まれ、身を乗り出して見てしまった。奇抜で自由で狂った展開、独創的なアイディア、音楽の趣味のよさ、操演の繊細さ、全てが素晴らしい。一回しか上演がないとはもったいない。