読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

Mommy/マミー(2014)

Mommy/マミー(2014)

  • 上映時間:139分
  • 製作国:カナダ
  • 初公開年月:2015/04/25
  • 監督: グザヴィエ・ドラン 
  • 製作: ナンシー・グラン 、グザヴィエ・ドラン 
  • 脚本: グザヴィエ・ドラン 
  • 撮影: アンドレ・トュルパン 
  • プロダクションデザイン: コロンブ・ラビ 
  • 衣装デザイン: グザヴィエ・ドラン 、フランソワ・バルボ 
  • 編集: グザヴィエ・ドラン 
  • 音楽: ノイア 
  • 出演: アンヌ・ドルヴァル(ダイアン・デュプレ(ダイ))、スザンヌ・クレマン(カイラ)、アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン(スティーヴ・デュプレ)
  • 映画館:高田馬場 早稲田松竹
  • 評価:☆☆☆☆★

ーーーーーーーー

3人の俳優の演技、アンサンブルがとてもいい。とりわけADHDの少年役、スティーヴの演技はいったいどういう演出指示を行ったのだろう?

時折感情を爆発させ、自滅へまで突き進むADHDのスティーヴは、閉塞した社会のなかで自分を押さえつけられている私たちのすがたの象徴だ。その奔放さ、過激さ、破壊力ゆえに、彼はそれを私たちを魅了する。

1対1の窮屈な画面が、通常の長方形に押し広げられるシーケンスが二か所ある。それはほんの束の間の時間過ぎない。しかしそのかりそめの時間の解放感はたまらない。広げられた画面はすぐにまた1対1に閉じられてしまうのだけれど。

祈りのような希望は、すぐに押しつぶされてしまう。しかし叩き潰されても、消滅してしまうわけではない。またしぶとく湧き上がっていく。現実の無慈悲とそこでもしぶとく再生していく希望が両方描き出されている。