読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑人手帖

このブログは私が見に行った演劇作品、映画等の覚書です。 評価、満足度を☆の数で示しています。☆☆☆☆☆が満点です。★は☆の二分の一です。

FUKAIPRODUCE羽衣『耳のトンネル』

  • プロデュース:深井順子
  • 作・演出・音楽・美術:糸井幸之介
  • 振付:木皮成
  • 舞台監督:谷澤拓巳、上嶋倫子
  • 照明:松本永
  • 音響・編曲:佐藤こうじ(Sugar Sound)
  • 衣装:吉田健太郎
  • 装置:西廣奏
  • 出演:日高啓介、深井順子、Sun!!、内田慈、伊藤昌子、金子岳憲、並木修介、澤田慎司、高橋義和、枡野浩一、鯉和鮎美、加藤律、幸田尚子、西田夏奈子
  • 劇場:吉祥寺シアター
  • 評価:☆☆☆☆★

------------

6/22の楽日の公演も見に行った。

代表作の再演。官能的な恋愛幻想の余韻の中で寂しさが広がっていく。とあるさえない男の生まれてから死ぬまでの恋愛遍歴。ダメ男なのだけれど、この男はよく女にもてる。

どのエピソードも濃厚だったが、休憩後に上演された「観光裸」が中でも一番印象深い。不倫の関係にある男女が、京都に旅行中、夜の学校の音楽室に入り込む。切なくて甘美ではかない恋が謳われる。内田慈の歌が素晴らしい。動きと表情の変化も素晴らしかった。

夜一人でいる時、突然、孤独と不安に襲われる時がある。己の寄る辺なさに気付いた時、「一人ぼっちよりもましだから」愛にすがってしまう。孤独の甘美と愛の切なさを歌う抒情の濃厚さに浸る。中年オヤジの夢と願望が演劇として見事に具現化されている。